Gran Premio de HAKOZAKI 日記コーナー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
佐藤(麦)
二日酔いで寝ている土曜の朝。

馴染みの酒屋から
「佐藤が入ってますよ」
と嬉しい連絡。
早速起き上がり、酒屋へ。

いつも通り、佐藤(黒)を出してきてもらう。
ここまでは普通だった。

こっちはどうですか?
つって出してきてくれたのがこれ。

070729_174151.jpg


ちょっとまて。
白でも黒でもないこの佐藤は何だ!?

「麦も出たんですよ!」と。
早速購入。

普段は米と芋しか飲まないんだけど、
さすがに佐藤が麦をだしたと言われたら買わなきゃね。

佐藤 麦
佐藤酒造
総合:★★★★
ロックがベスト
スポンサーサイト
2007-07-29 Sun 17:51
別窓 | お酒 | コメント:0 | トラックバック:0
萬膳庵入手!!
070527_122346.jpg


昨日は二日酔いが醒めたころに酒屋行脚をスタート。
ちょっと最近、バリエーションが少なくなってたんで。

1軒目
萬膳酒造 萬膳庵
大海酒造 海
尾鈴山蒸留所(黒木本店) 山ねこ
黒木本店 き六

2軒目
西酒造 富乃宝山

3軒目
軸屋酒造 紫尾の露

と合計6本を購入。

今回の目玉はなんつっても萬膳庵

もはや幻の域に達しつつあるかと思ってた。
久々の入手にテンションあがります。
もちろん定価の3150円だしね。
ちなみにオークションだと相場は9000円前後。


黄麹でほんと飲み易い。
★★★★★
2007-05-27 Sun 13:00
別窓 | お酒 | コメント:0 | トラックバック:0
佐藤を購入
ちょっと我が家の焼酎在庫が少なくなってきた。
いつも馴染みの酒屋さんへ。

「いらっしゃい」
「こんにちは」

店内の焼酎を物色。

「4合瓶しかないけど、佐藤はどがんですか?」
「あぁ、いいっすね~」

もちろん店頭には陳列してない。
店の奥からおもむろに佐藤 黒麹仕込を
持ってきてくれるおやじさん。
常連として覚えて貰えてるってのはありがたいね。
もちろん定価の1,450円での販売。

最近手に入れることができずに、
先週の飲み会の2次会で久々に飲んだ。
そこで美味いのを再認識したばっかりだったから
このタイミングは嬉しい。

070212_162449.jpg


佐藤 黒麹仕込
佐藤酒造
総合:★★★★★
水割りが好き
ロックもよし
2007-02-12 Mon 17:21
別窓 | お酒 | コメント:0 | トラックバック:0
紫尾の露
最近購入した中で抜群の焼酎を紹介。

鹿児島県薩摩郡さつま町にある軸屋酒造さん。
ここの看板ともいえる銘柄である
紫尾の露という芋焼酎。

元々、美味しんぼ95巻『焼酎革命』で紹介されて興味は持っていた。
ふとでかけた酒屋で陳列されているのを見つけて即購入。

070206_161916_ed.jpg

↑美味しんぼ95巻と紫尾の露5合瓶

仕込み、割水ともに紫尾山系の伏流水。
芋のどっしりした風味もありながら、スッキリした味わい。
そのバランスは絶妙。

「タンク仕込み」と「かめ仕込み」が
同一銘柄ながらラベルを異にして販売されている。
俺としてはやはり「かめ仕込み」がおすすめ。

嬉しいことにこれだけのクオリティの焼酎でありながら
まだ酒屋などで通常の価格で手に入る。
プレミア価格にはなっていない。
知る人ぞ知るといった状態かな。

紫尾の露
価格
かめ仕込み
1,800ml 2,363円
900ml 1,277円
300ml 609円

タンク仕込み
1,800ml 1,785円
720ml 997円

焼酎好きな人はぜひ一度飲んでみて!!
村尾にさえ通じるものがある。

芋焼酎
紫尾の露
総合:★★★★
ロック、水割りが◯
特に常温の水、氷なしでの6:4くらいのの水割り◎
2007-02-06 Tue 16:43
別窓 | お酒 | コメント:0 | トラックバック:0
焼酎セット到着
昨日買ってきた芋焼酎5合瓶12本セット
配送を頼んでたのが今日到着。

前半6本の紹介。
070117_151313_ed.jpg


左から
天孫降臨 神楽酒造
小鹿くろ 小鹿酒造
島美人 長島研醸有限会社
黒霧島 霧島酒造
黒伊佐錦 大口酒造協同組合
黒さつま若潮 若潮酒造協同組合

続いて後半6本。
070117_151159_ed.jpg


ちょっと写りが悪くて見にくいけど、、、
左から
鶴見 大石酒造
大海黒麹 大海酒造
赤霧島 霧島酒造
三岳 三岳酒造
黒粋華奴 大久保酒造
さつま無双 黒 さつま無双株式会社

900ml×12本で10,500円。
まぁ悪くないラインナップだよね。
ちょっと黒麹が多すぎる気もするが(笑)。

特にこの中でも目玉は赤霧島
黒霧島はもういわずと知れたメジャーブランドだけど、
赤霧島はまだ4年目。
俺もついこの前初めて飲んではまった。
5合しかないんでじっくり楽しみたい。

あとは、鶴見あたりが初めてなんで楽しみかな~。
2007-01-17 Wed 15:49
別窓 | お酒 | コメント:0 | トラックバック:0
愛子もGet!
これは言わずと知れたって感じかな。
三岳酒造の『愛子』

屋久島の愛子岳(上屋久町小瀬田:1235m)にちなんで命名された焼酎。
屋久島産のサツマイモ、そして屋久島の水で仕込み。

雄大な屋久杉を彷彿とさせるような芳醇な香り。
それでいてスッキリした飲み口。
今にも飲みたくなるほど味を思い出してきた^^

蔵のフラッグシップは『三岳』だが、この『愛子』とともに
蔵の生産量が少ないため手に入りづらい。

061201_122459.jpg
720ml。1,575円で購入

愛子
三岳酒造
総合:★★★★
お湯割りに向く。水割りもまた◎
2006-12-01 Fri 15:22
別窓 | お酒 | コメント:0 | トラックバック:0
田酒
九州ではなかなかお目にかかることもない日本酒。
『田酒』(でんしゅ)

日本酒って言うと、どうしても新潟とか石川方面のが真っ先に思いつくんだけど
田酒は青森県 の 西田酒造で醸されている。
何やら、生産本数が少なく地元の青森でもなかなか手に入らないとか。

恥ずかしながら俺も知らなかった銘柄だしね。
日本酒って言うと、八海山とか久保田とかに走ってしまう男です。。

日本酒は精米具合と値段のトレードオフがあって、
どこで妥協点を見つけるか!?みたいなとこがあるんだけど、
さすがに大吟醸にはなかなか手を出し切れない。
せいぜい頑張って純米吟醸とかね。

そういう意味で、値段と味から八海山の純米吟醸が一番のお気に入り。


さてさて、ちょっと脱線したけど、今日購入したのはコレ↓
061201_122535.jpg

田酒の中では最も廉価な「特別純米酒」。
2,625円(税込)。

しかし、青森の日本酒初体験を楽しんでみたい。
一緒に並んでた人の話によると、キレよし、香りよし。
熱燗がオススメとか。

西田酒造さんのHPによると、

青森県産酒造好適米「華吹雪」を使用した地酒の銘品。
辛口ながらこくがあり、飲み飽きしないすっきりした味。

とのこと。

これは開封は正月だな。
正月2日~3日に朝から燗をつけて、箱根駅伝を観戦しながら。
楽しみ!!
2006-12-01 Fri 15:09
別窓 | お酒 | コメント:0 | トラックバック:0
| Blog de HAKOZAKI | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。