Gran Premio de HAKOZAKI 日記コーナー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
徳山高専殺人事件犯人遺体発見
容疑の男子学生、遺体で発見 徳山高専事件
↑上記ソースはasahi.com

徳山工業高等専門学校女子学生殺人事件の犯人が、
下松市の山中で首をつった状態で遺体で発見された。
一部白骨化が始まっていたという。

少年法の問題はある。
しかし、今日発売の週刊新潮でも実名、顔写真が掲載されたので、
当ブログではここから実名に切りかえる。

死亡した犯人の名前は藤村元紀(ふじむらもとき)(19)。
殺された中谷歩さんと同じ、土木建築工学科5年。

生きて見つかる事はないだろうと思っていたが、
実際にこういう結末を迎えてしまうと、
事件の真実が永遠に葬られてしまう。
殺害動機など事件の全容解明は極めて困難になった。



先日、大阪府立大に侵入し教員の財布を盗んだとして
逮捕された犯人は、
「生活費が欲しかった。
国公立大は休日でも学生が勉強に来ていて、侵入しやすかった」

こう供述している。
確かに、私立大に比べて国立大学のセキュリティは
万全とはいえないだろう。
それは高専にも通じる事である。

今回は同じ研究室のメンバーという内部犯だった。
しかし、今後外部から侵入した犯人による殺人をはじめ、
窃盗、強盗などの犯行を防ぐためにも、
高専においてもセキュリティの強化が必要なのではないかと思う。
スポンサーサイト

2006-09-07 Thu 17:19
別窓 | 雑談 | コメント:0 | トラックバック:0
<<凱旋門賞中継 | Blog de HAKOZAKI | 卒業アルバム>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| Blog de HAKOZAKI |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。