Gran Premio de HAKOZAKI 日記コーナー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
リンカーン引退
先日アドマイヤジャパン号の引退について記したが、
立て続けにもう1頭、引退のニュースが飛びこんできた。

G1勝ちはないものの、06年日経賞(G2)など重賞3勝を
挙げたリンカーン(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)が浅屈腱炎を発症。
引退、種牡馬入りが決まった。

リンカーンというと、横山典弘騎手を背に地味に2着3着に
突っ込んでくるイメージがあったんだけど、
武豊、福永祐一、柴田善臣、安藤勝巳、そして横山典弘と
5人を鞍上に迎えた。
G1では、
03年菊花賞で横山
03年有馬記念で武豊
06年天皇賞春で横山
の2着3回。

馬券的には、ノリ2着付けなんかの時にいい思いをさせてもらった。
そんな人も結構多いんじゃないかな(w?



リンカーン
通算戦績:23戦6勝
主な勝ち鞍:04年阪神大賞典、05年京都大章典、06年日経賞(いずれもG2)
獲得賞金:5億8842万円
父:サンデーサイレンス
母(母父):グレースアドマイヤ(トニービン)
馬主:近藤英子
生産者:ノーザンファーム
調教師:栗東・音無秀孝

確かに血統はいいんだけど、
サンデーサイレンス産駒で飽和しつつある日本の競馬界。
どの程度の肌馬が集まるのか。
よほど、産駒の成績が良くなければ種牡馬戦争も大変そうだよね。
いずれ、同じサンデー産駒のディープインパクトも
ハーツクライも種牡馬入りするわけだし。
繁殖牝馬もサンデーの血統が多すぎる。

いい仔を出して欲しいと思う。
スポンサーサイト

2006-09-09 Sat 16:10
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
<<予想TV新アシスタント | Blog de HAKOZAKI | 三岳・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| Blog de HAKOZAKI |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。