Gran Premio de HAKOZAKI 日記コーナー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
術前検査
早くも今日が術前の最後の診察と検査。

内容は例によってまず
機械での視力測定

眼圧測定。

「これどっちが空いてるか見えますか?」タイプの視力測定。

さらに暗室でのコントラストの薄い視力測定。

眼底の精密検査。

ここで再度の視力検査。
担当の助手さんと話し合いながら実際に手術で目指す視力を確定させた。
若いので強めに設定する。近視の戻りも考慮しつつ。

角膜厚の検査。

執刀医の先生による診察。
検査データや眼の状態を詳しく見てもらう。

「角膜が薄いね~。」
「近視が強いからギリギリなんだよね。」


それこの前も聞いたよヾ(- -;)
と思いつつ先生の計算を待っていると、、、

★-7.00D(ジオプター)という強度の近視であること。
★角膜厚が515μmと平均より薄いこと。

この2点から、「130でいきましょうか。」と。
フラップ厚は一般の160μmより薄い130μmになるみたい。
正直、160μmから130μmになったとこで患者にとってはあんまり関係ない。

いつも通りの目薬を処方してもらって終了!

今日はどうやらレーシック関係の検査を受けてた人は俺も含めて2人。
女の子が適応検査に来てた。
残念ながら近視の度数と角膜厚が問題でLASIKは不適応だったらしい。
5人~6人に1人はやっぱり不適応になっちゃうみたいだね。
LASEKでやるかどうかの話になってたみたいだけど、どうなったのかな??

それにしてもね、今日からの検査や診察は保険適用外。
つまり3割負担じゃなくて検査代も診察代も全額自己負担。
だから高かったよ>_<

次回はもうオペ当日だしね。
いよいよ35万円払わなきゃ。。。
スポンサーサイト

2006-09-20 Wed 18:13
別窓 | レーシック・健康 | コメント:0 | トラックバック:0
<<多角化戦略 | Blog de HAKOZAKI | 随兵寒合>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| Blog de HAKOZAKI |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。