Gran Premio de HAKOZAKI 日記コーナー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
海外競馬挑戦の歴史
日本馬海外遠征特集
↑リンク先はJRA日本中央競馬会の海外遠征特集ページ。
もちろん、今のメインコンテンツは
ディープンイパクトの凱旋門賞挑戦。

今週の月曜夜に放送された
CSフジテレビ739chの「酔いどれない競馬」。

司会の須田鷹雄さんと、フジテレビの吉田伸男アナ。
ゲストは合田直弘さんという布陣。

もちろんメインのテーマは凱旋門賞だけど、
過去の日本馬の海外挑戦を色々と映像で見せてくれた。

中でも「私が生きているうちに日本馬の海外制覇は無理」
競馬ファン、関係者一同が思ったというシンボリルドルフの海外挑戦。
1986年3月29日サンタアニタ競馬場で行なわれたサンルイレイS。
3番人気で参戦も勝ち馬から大きく大きく離された7頭中6着。
初めてこのレースの映像を見た。ショックだった。

初の無敗の3冠馬として。
15戦13勝の国内無敵馬が日本代表として乗りこんだルドルフが惨敗・・・。
それは日本人に「やはり無理か・・・」と刻み込むに十分だった。

その後、そのショックを引きずるかのように
日本馬の海外挑戦は途絶える。



一筋の光が見えるのは1995年。
94年の香港国際C(4着)
4月のクイーンエリザベス2世C(10着)

敗れながらも三度果敢に挑戦した12月の香港国際C。
ここでついに戴冠の時がくる。

1995年12月10日沙田競馬場芝1800メートル
フジヤマケンザン1着鞍上には蛯名正義がいた。

ここからの日本馬の海外挑戦の歴史は
香港のレースとともに辿ることになる。
香港という手軽な海外遠征を経験する事でアウェーでの
ノウハウを学んでいった。

それでも、初の海外G1制覇の瞬間はフランスで訪れた。
1998年モーリスドゲスト賞シーキングザパール(武豊)

そのわずか1週間後、再び歓喜がフランスを震わす。
ジャックルマロワ賞タイキシャトル(岡部幸雄)

1999年にはサンクルー大賞エルコンドルパサー(蛯名正義)
さらに、エルコンドルパサーは凱旋門賞で一瞬夢を見せてくれた。
惜しくも2着。

まさにその凱旋門賞の日。
アベイドロンシャン賞をアグネスワールド(武豊)が制する。

アグネスワールドもまた、海外での活躍が目立つ。
翌2000年イギリスでジュライCを制す。



なんと言っても海外G1制覇で思い出すのは2001年の年末。
日本では
阪神牝馬Sをエアトゥーレ、
フェアリーSをサーガノヴェルが制した日だった。

2001年12月16日。忘れられない日。
香港マイルをエイシンプレストン(福永祐一)
香港ヴァーズをステイゴールド(武豊)
香港カップをアグネスデジタル(四位洋文)
なんと香港のG1を日本馬が3連勝した。
特にステイゴールドは日本で好走するもなかなかG1を勝てず、
引退レースとして望んだ香港遠征だった。
2着で決着するという彼らしい去り際かな。
と思った刹那、とんでもない末脚。
最初で最後のG1を海外で制した。

あの日の感動は忘れられない。
(余談だけど、俺の携帯のメアドは彼の馬名に由来してます^^)

マイルを制したエイシンプレストンは
翌2002年4月クイーンエリザベス2世Cも制す。
2着に前年カップを勝ったアグネスデジタル。
伝統のレースで日本馬が1-2フィニッシュした瞬間だった。

12月の香港カップは5着。
2003年4月にはディフェンディングチャンピオンとして望んだ
クイーンエリザベス2世Cで見事に連覇。
輝かしい戦績を残した。

振るわなかった2003年2004年を経て、
2005年に再び香港マイルを日本馬が制する。
ハットトリック
鞍上には、「秋だけは日本人」のオリビエ・ペリエの姿があった。

同じ2005年。同厩舎のハットトリックが香港を制する半年前。
ついにアメリカのG1で日本馬が戴冠する。

日本でオークスを勝ったシーザリオ(福永祐一)が
アメリカンオークスも勝利。日米オークス制覇を果たした。



さぁ、時は2006年。
ドバイシーマクラシックハーツクライ(ルメール)
シンガポール航空国際Cコスモバルク(五十嵐冬樹)
という、相次ぐ海外でのG1勝ちも記憶に新しい。

10月1日。
さらに、これらの名馬のリストに、「ディープインパクト」の名が。
日本馬が制したG1のリストに伝統の「凱旋門賞」が刻まれようとしている。

無敗3冠馬シンボリルドルフの惨敗に絶望したあの日から20年。
日本馬は成長した。
世界と渡り合えるようになった。

欧州馬以外制したことのない「凱旋門賞」という壁。
歴史が変わる瞬間を見たい。
スポンサーサイト

2006-09-28 Thu 10:43
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
<<オペ前日 | Blog de HAKOZAKI | 忙しい週末>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| Blog de HAKOZAKI |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。