Gran Premio de HAKOZAKI 日記コーナー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
手術当日レポ1
レーシック当日のレポート。
オペ終了までの模様を。

まずは手術直後から使う点眼薬を調剤薬局で購入。
すでに処方箋は病院から出てたのですんなり。

そして、決戦の地へ。
同意書の提出、オペ費用の会計を済ませる。



患者の控え室みたいなとこにはいって、
洗顔剤でまずは目の周りを中心に洗顔。

ここで、T-シャツの上に術着を羽織る。

血圧、脈拍の測定。

(脈拍が大変なことになっとった。)

すぐに、点眼の麻酔が開始。

5分おきに4回ほど。



4回の麻酔が終了すると、オペ前室へ。
前室では目の回りと眼球表面の消毒。
座った椅子が倒される。
まずは左目。
コンタクト使ってる人にはお馴染みかもしれないけど、
『アイボン』って眼を洗うやつあるじゃん??
あれのクールタイプを5倍くらいにしたような刺激。

いたたたたた。。。しみるしみる。

「はい、じゃあ流しますよ~。」
精製水っぽいので流される。

当然ながら、右眼も同じ。



そして、ついに手術室へ。
手術台の椅子に座ると、後ろの方に倒れる。

まつげが落ちないようにテープで固定したり、
目だけ露出したビニールみたいなもので
眼の周りをすっぽり覆われる。

椅子が器具の方にスライド。

見上げるといまから俺の手術に用いられるであろう器具が
仰々しく待ちうけている。

患者の名前などをスタッフ同士で最終確認。

「じゃあ、始めますね。」
の執刀医の先生の声でついにスタート。

まずは手術は最初に開瞼器で眼を開いた状態に固定。
これがまずかなりの違和感でちょっと痛い。
でもまぁまだまだ。

フラップを正しい位置に戻せる様に角膜にマークをつける。
こういう工程があるはずなんだけど、
これは受けてるときには感じなかったな。

サクションリングで吸引し、眼球を固定。

え、何も見えなくなったんだけど。。。

マイクロケラトームという器械を使って角膜のフラップ(蓋)を作る。

「はーい、動かないでね~」

と言われた後に
「キュイーン」
明らかに不穏な音がしてくる。

え、ここ歯医者じゃなくて眼科なんだけど!?
キュイーンって明らかに眼の中で行なわれるにふさわしくない音。
俺の眼の中だぞ!!何をしやがる!!

これでフラップの作成が完了。

フラップをめくって角膜の実質が露出。

この頃緊張がピークに。
ガチガチに力が入り、「力抜いてね~」と
何度も執刀医の先生に言われる。

先生それ無理だって、、、
眼の中で「ウィーン」って聞こえた後に見えなくなったんだよ。。。


緊張解くために、ちょっと中断。
なんか、明らかに世界がにじんで見える。

一生このままだったらどうしよう(+_+)


ついにレーザー照射。

「はい、レーザー当てていきますんで動かないでね~」

助手「右、照射時間43秒です。」

ビリッビリッて電気を流した瞬間のような音が聞こえてくる。

助手「残り40秒」

え、何!?赤いよ。
しかも焦げ臭いよ。
俺の眼が燃えてる!?


(実際はたんぱく質が焦げる臭いらしい。)

助手「残り35秒。」

・・・

助手「残り30秒。」

今思うと、このとき息も止めちゃってたかも(笑)。
この5秒ごとのカウントダウンが永遠に終わらないんじゃないかって
思えるほど長い。

・・・

助手「残り15秒。」

「10秒」

「5」

「4」

「3」

「2」

「1」


永遠にも思えたレーザー照射時間がやっと終了。

先生「終わったよ。まだ動かないでね。」

元の位置にフラップを戻す。

冷たい感じがしたのは、たぶん精製水で流してたのかな。
この時に、密着させるために軽く押さえられた感じ。
これがちょっと痛かった。

3分ほど乾かしながら密着させる。


ちゃんと密着した事を確認して終了。

これで右目がやっと終了。
左も同じ手順でフラップの作成から。


左眼も密着が確認されるとオペ終了。
「じゃぁ起こすよ~」

椅子を起こされる。
たちあがろうとすると、

ん!?さっきまで見えなかったぞ!!

回りにいろいろある器械群がぼんやりながら見える。


オペ室を出ると、すぐに診察室へ。

すでに執刀医の先生がスタンバってて、早速1回目の診察。
「うん、綺麗に出来てるね。」

とりあえず一安心。
そのままリカバリールームと呼ばれる休憩室で目を休める。
途中、助手のひとが術後の説明や、点眼にくる。

オペ終了からずっと、涙が眼から溢れ続ける。
もうティッシュが手放せない。
眼と鼻は繋がってるから、鼻もずっとグスグス状態。


30分ほど経った頃、2度目の診察。

「よし、大丈夫みたいですね。」

ここでOKが出ると、もう帰宅できる。

「気をつけて帰ってくださいね。」
診察室を出るときに先生に声をかけられた。



そんな感じで当日のオペは終了。
時間的には病院ついてから出るまで2時間ほど。

手術室に入ってからは20分くらいで終わったかな。
手術時間自体は短いんだけど、
やっぱりレーザー照射時間はたかだか40秒ちょいだったのに
永遠に感じた。

この時間は度数などにより個人差があるけど、
大体20から50秒ほど。
俺は割と長いほうだったみたい。

病院から渡されたサングラスをして
目を保護しながら帰宅。

帰宅~はオペ当日レポ2で!
スポンサーサイト

2006-10-01 Sun 11:13
別窓 | レーシック・健康 | コメント:4 | トラックバック:0
<<後期開始! | Blog de HAKOZAKI | 結果は!?>>
この記事のコメント
お疲れ様☆
裸眼で1.0以上はいいなぁ( ̄∀ ̄;)汗
でも、レーザーはやっぱり怖いね(爆)
2006-10-01 Sun 11:39 | URL | ito #-[ 内容変更]
恐怖感も確かにあるけどね、
手術の翌朝起きたときに、裸眼で回りが見えた感動は素晴らしいよ(^o^)

試してみたら(笑)?
2006-10-01 Sun 12:27 | URL | taks #skG2eLjk[ 内容変更]
>え、何!?赤いよ。
>しかも焦げ臭いよ。
>俺の眼が燃えてる!?

KOEEEEEEEEEE!!!!!11111!!
眼球を固定とか考えたくないっすorz
2006-10-02 Mon 00:04 | URL | 渋健 #-[ 内容変更]
音、臭い、感触。。。
精神衛生上よくないことが結構連続します(^_^;)
2006-10-02 Mon 07:03 | URL | taks #skG2eLjk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| Blog de HAKOZAKI |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。