Gran Premio de HAKOZAKI 日記コーナー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
福銀、九州親和を傘下に
今日はこの2つの記事から。
福岡銀、九州親和を実質傘下に・総資産、地銀トップ
↑上記ソースはNIKKEI NET
「10年以内めどに九州府実現」市長会委が報告書案
↑上記ソースはYOMIURI ONLINE

昨日、九州市長会で「九州府」の構想の報告書案が了承された。
沖縄が独立かどうかという議論はあるが
九州が「北九州府」と「南九州府」の2府態勢になる案は
最近は聞かれなくなった。

そして、タイムリーに飛び込んできたのは地銀再編問題。

長崎県の地銀九州親和ホールディングス(HD)が
福岡銀行と国内の投資ファンドを引受先とする数百億円規模の
第3者割当増資が年内に実施される見通しとなった。

元々九州はオーバーバンク状態のであるため、再編が進むのは必然。
ゆくゆくはふくおかFGと九州親和HDは統合ということになるのだろう。

先般の西日本シティ銀行による豊和銀行の救済。
福岡銀行による熊本ファミリー銀行との経営統合。

この2つについては実質、立ち行かなくなった第2地銀を救済する形での
統合に向けた動きだったが今回、ついに長崎県の指定金融機関を務める
地銀にまでその統合の波が押し寄せることになった。

これでまた長崎県の金融機関の競争は激化するだろう。

[長崎県]
十八銀行
親和銀行 → 福岡銀行グループ
長崎銀行 → 西日本シティ銀行グループ

十八銀行と親和銀行が交代で長崎県の指定金融機関を務める。



地方金融機関の再編は、地方経済に大きな影響を与えることになる。
まずは九州を舞台にその動きが本格的になってきた。

銀行以外にも熊本県信組と宮崎県北部信組が9月25日に合併したばかり。

次は四国か、あるいは東北か。
地銀のトップの看板を福岡銀行に奪われそうな横浜銀行、千葉銀行、
静岡銀行などはどんな動きを見せるのか。

今後の動きに注目である。
スポンサーサイト

2006-10-13 Fri 09:34
別窓 | 雑談 | コメント:0 | トラックバック:0
<<2週間経過 | Blog de HAKOZAKI | NO!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| Blog de HAKOZAKI |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。