Gran Premio de HAKOZAKI 日記コーナー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
秋華賞予想
さぁ、いよいよ牝馬三冠の最終戦秋華賞の朝を迎えた。

[2005年]
先日死亡したラインクラフト
桜花賞、NHKマイルとG1を2勝してここに向かってきた。1番人気。
対して、オークス2着のエアメサイアが2番人気。

エアメサイア→ラインクラフト→5番人気ニシノナースコールで決着。

[2004年]
ダンスインザムードが人気を集める。
2番人気にスイープトウショウ。前年阪神JF制覇のヤマニンシュクルは5番人気。

スイープトウショウ→ヤマニンシュクル→10番人気ウイングレットで決着。

[2003年]
桜花賞、オークスを制して三冠に挑むスティルインラブ1番人気。
ライバルのアドマイヤグルーヴが2番人気。
故障明けのピースオブワールドが3番人気。

スティルインラブ→アドマイヤグルーヴ→8番人気ヤマカツリリーで決着。

[2002年]
無敗で挑んできた断然人気のファインモーション。
2番人気にはシャイニンルビー。3番人気はサクラヴィクトリア。

ファインモーション→サクラヴィクトリア→7番人気シアリアスバイオで決着。

[2001年]
3頭が人気を分ける。桜花賞勝ち、オークス3着のテイエムオーシャン。
オークスなど2着続きだったローズバド。
オークス勝ちのレディパステル。

結局オークスと着順をシャッフルして人気通りの決着。
テイエムオーシャン→ローズバド→レディパステル



こうして見てみると、1着2着はわりと順当に決まり、
3着にやや人気薄を連れてくる
というパターンが多い。

昔はもっと大荒れのレースだったんだけどね、、、
あのティコティコタックが勝った年なんて10番人気→7番人気→5番人気だしね。

そんな記憶も相まって、ちょっと苦手意識のあるG1の一つ。

さて、今年は3頭が人気を集めるパターンになっている。
アドマイヤキッス、カワカミプリンセス、キストゥヘヴン。

このうちの2頭で決まるのは間違いない気がする。
そして3着がヒモ荒れというお決まりパターンを予測。

10月15日
5回京都4日目
11R秋華賞(G1)
芝2000m 18頭 発走:15:40

◎アドマイヤキッス
オークスでは4着に敗れたものの、
ローズSは進路妨害気味でこそあったが勝ちきった。
後ろから行きたい馬の多くが内枠に入ってしまっているのでうまく運べる。

○カワカミプリンセス
無敗で挑んできた。オークスのレースぶりも先行押切で力強く2000にも向く。
ただし、休み明けで割り引いてこの評価。

▲キストゥヘヴン
脚質的に後方からの競馬をしたい。しかし内枠。
京都の内回りで内差しの競馬を強いられることになるだろう。
なかなか空かない、さらに外を回すと当然ながら大きなロスになる。
3強の中では一番不安材料が多い。

△フサイチパンドラ
△ブルーメンブラッド


◎○▲の馬連BOX。
◎○ー△のワイド。

さらに何が3着にくるかわからないので、
◎○から全16頭への3連複総流し。

さすがに3歳牝馬戦なので結論はパドック後!
スポンサーサイト

2006-10-15 Sun 11:04
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
<<秋華賞反省会 | Blog de HAKOZAKI | 引っ越し準備>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| Blog de HAKOZAKI |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。