Gran Premio de HAKOZAKI 日記コーナー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
コンタクトの持つ危険性
レーシックの話に興味を持ってうちのブログに
訪問して下さる方も少なくない。
当然、コンタクトを利用してる方もいらっしゃるはず。

今日は注意喚起の意味も込めて
体験談からはちょっと脱線した話をしようと思う。

一昨日のこちらの記事。
読んでみて少し震えた。
危険な目の酸欠 コンタクト使用期限守らないと失明も
↑ソースはフジサンケイビジネスアイ

要約すると
◆コンタクトユーザー中8割が使い捨てコンタクト。
◆利用者の半分以上が定められた装着(装用)時間や使用期限を守っていない。
◆不適正な使用で目に傷害、最悪の場合失明もあり得る。

俺も8月までは使い捨てコンタクトだった。

20歳ぐらいまでは装用時間6時~24時とかだったんでね・・・18時間。。。
毎日ひどい充血になってさすがに危機感。

だから最近は装用時間としては朝7時~21時ぐらいが多かったかな。
それでも装用時間としては14時間
眼の健康にはわりと気を使うようになっていたので、早めに外すようにしてた。

ただ、飲みに行けば外すのは未明の2時になったりあるいは明け方になったり。
そして3、4時間もすればまた装用。
危険な生活だよね。

記事に戻る。

ジョンソン・エンド・ジョンソンが9月に全国の男女1000人を対象に実施した調査によると、使い捨てコンタクトレンズの装着時間は「12時間以上」が35%、「15時間以上」が13%いた。一方、使用期間(製品により1日、2週間、1カ月など)については、「たまに守らない」(40%)と「全く守っていない」(18%)をたすと6割近くが不適正に使用している。


装用期間に関しては2WEEKの使い捨てレンズを3週間くらい使ってたかな。
さらに、トラブル発生率も高いようだ。

現在、コンタクトレンズ利用者は1800万人に達し、その8割以上が使い捨てレンズとみられている。それに伴い、誤った使用法が原因で起こる目のトラブルも激増。日本眼科医会によると、全国で1年間に約150万人が眼障害を発症しているという統計もあり、発症率は年々増えているという。


酸素透過率を見てみると、
レンズをしていない状態100%に対し、
酸素透過性の高い最近のレンズでもせいぜい10~15%という。
さらにレンズをしたまま瞼を閉じれば3%にまで落ちるらしい。

飲んで帰ると、ついついコンタクトレンズをつけたまま
寝てしまったりするけど、酸素が通常の3%・・・当然眼は酸欠状態になる。

酸素不足を補うために角膜に血管が入り込んで
白目が血走って見える角膜血管新生が起こる。
炎症を起こしたり、最悪の場合は
失明の危険がある角膜潰瘍になりかねない。



やはり、まずは
装用期間と装用時間を厳守すること
これが大事になる。さらに
レンズの装着、あるいは外すときに必ず手洗いをしっかりすること
俺もレーシックの適応検査時にばい菌が見つかった。
おそらく、手洗いをおざなりにしてしまったことも原因だろう。
コンタクト装着時は眼というデリケートな部位に
指先を入れるのだから気をつけたい。

もし誤った使用法をしているのならそこを改めて、眼を大切に!!
スポンサーサイト

2006-10-18 Wed 10:29
別窓 | レーシック・健康 | コメント:0 | トラックバック:2
<<志賀島開通! | Blog de HAKOZAKI | レディース招待競争>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

Lasik in Istanbul mit Beauty Travels Istanbul (4 von 5) のことについて調べてみると …
My LASIK surgery の口コミ情報 …
2007-10-09 Tue 03:05 レーシックとんでも動画
| Blog de HAKOZAKI |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。