Gran Premio de HAKOZAKI 日記コーナー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
菊花賞特集2~出走メンバー~
菊花賞特集の2回目。
出馬表も確定したことだし、
そのメンバーについてみて行こうと思う。

2006年 10月22日(日)5回京都6日
11R 第67回 菊花賞(G1)
サラ系3歳 オープン 牡・牝(指定) 馬齢
3000m 芝・右 外
本賞金: 11200、 4500、 2800、 1700、 1120万円
発走 15:40

左から枠番-馬番 馬名馬齢騎手/調教師

1-1 トーホウアラン牡3藤田伸二/藤原英昭
1-2 ミストラルクルーズ牡3池添謙一/鈴木康弘
2-3 シルククルセイダー牡3秋山真一/郎領家政蔵
2-4 タガノマーシャル牡3和田竜二/中尾秀正
3-5 アドマイヤメイン牡3武豊/橋田満
3-6 ネヴァブション牡3石橋脩/伊藤正徳
4-7 マルカシェンク牡3福永祐一/瀬戸口勉
4-8 マンノレーシング牡3小牧太/松元茂樹
5-9 インテレット牡3藤岡佑介/萩原清
5-10 フサイチジャンク牡3岩田康誠/池江泰寿
6-11 トーセンシャナオー牡3L.イネス/森秀行
6-12 メイショウサムソン牡3石橋守/瀬戸口勉
7-13 ドリームパスポート牡3横山典弘/松田博資
7-14 アペリティフ牡3安藤勝己/坪憲章
7-15 アクシオン牡3田中勝春/二ノ宮敬宇
8-16 トウショウシロッコ牡3吉田豊/大久保洋吉
8-17 パッシングマーク牡3四位洋文/浅見秀一
8-18 ソングオブウインド牡3武幸四郎/浅見秀一

注目のメイショウサムソンは、
奇しくも先週のカワカミプリンセスと同じ12番に入った。
ドリームパスポートは隣の13番。



【血統】

[父]
直接のサンデーサイレンス産駒が5頭
サンデーサイレンスの孫は、
ダンスインザダーク産駒が1頭。
フジキセキ産駒が1頭。
アドマイヤベガ産駒が2頭。
マーベラスサンデー産駒が1頭。

[母父]
母父サンデーサイレンスが3頭。
母父フジキセキが1頭。

つまり、純粋にサンデーの血が入ってないのは4頭だけ。
そのうちの1頭がオペラハウス産駒(母父ダンシングブレーヴ)の
メイショウサムソン。

過去10年の連対馬を見てみる。
2005 
1ディープインパクト サンデーサイレンス
2アドマイヤジャパン サンデーサイレンス
2004
1デルタブルース ダンスインザダーク(サンデーの孫)
2ホオキパウェーブ カーネギー
2003
1ザッツザプレンティ ダンスインザダーク(サンデーの孫)
2リンカーン サンデーサイレンス
2002
1ヒシミラクル サッカーボーイ
2ファストタテヤマ ダンスインザダーク(サンデーの孫)
2001
1マンハッタンカフェ サンデーサイレンス
2マイネルデスポット ペンタイア
2000
1エアシャカール サンデーサイレンス
2トーホウシデン ブライアンズタイム
1999
1ナリタトップロード サッカーボーイ
2テイエムオペラオー オペラハウス
1998
1セイウンスカイ シェリフブスター
2スペシャルウィーク サンデーサイレンス
1997
1マチカネフクキタル クリスタルグリッターズ
2ダイワオーシュウ リアルシャダイ
1996
1ダンスインザダーク サンデーサイレンス
2ロイヤルタッチ サンデーサイレンス

【展開】
サンデーサイレンス系が連対できなかったのは
1999年3分7秒6
1997年3分7秒7
と、いずれも3分7秒台の決着になっている。

基本的に上がりの競馬になるが、
ペースを作るのはアドマイヤメイン、あるいはソングオブウィンドあたりか。
超スローは考えにくい。

3Fタイムはマルカシェンクが故障前に京都新聞杯で33.0。
同じレースでアペリティフが33.2。
トウショウシロッコは天の川Sで33.5。
ソングオブウィンドも1800メートルの500万下で33.8の脚を使っている。
ドリームパスポートはコンスタントに34秒台で上がってくる。

【騎手】
有力どころではやはりドリームパスポート。
高田→横山典

マルカシェンクは故障明けの毎日王冠は柴田だったが、主戦福永に。

【厩舎】
浅見、瀬戸口厩舎がそれぞれ2頭出し。

トーセンシャナオーの森厩舎、1999年エアシャカールで制覇。
アクシオンの二ノ宮厩舎、ホオキパウェーブで2004年2着。
瀬戸口厩舎は2003年ネオユニヴァースで3着。
スポンサーサイト

2006-10-20 Fri 10:27
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
<<空気の読める男 | Blog de HAKOZAKI | ディープインパクトから禁止薬物>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| Blog de HAKOZAKI |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。