Gran Premio de HAKOZAKI 日記コーナー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
ペリエ参上
さて、今週は3重賞(障害も入れたら4重賞)。

まずは11日。
東京競馬場 京王杯2歳S(G2)
京都競馬場 京都ハイジャンプ(JG2)
福島競馬場 福島記念(G3)

そして12日。
京都競馬場のメインレースは第31回エリザベス女王杯(G1)

という豪華な週。

騎手側も・・・ついに今秋も奴がやってくる。
秋だけ日本人。オリビエ・ペリエ騎手

短期免許は今週土曜11月11日から有馬記念の12月24日まで。
身元引受調教師は池江泰寿調教師
身元引受馬主は(株)ダノックス

藤沢先生が引受調教師だった頃のようには勝ち星が伸びなかったけど、
昨年もマイルCSをハットトリックで制した。
日本での通算成績はG1の12勝をはじめとする327勝(うち重賞35勝)。

今週は土日とも京都競馬場での騎乗。
重賞への騎乗はないけど、土日各6鞍。
土曜の京都メイン、スカーレットベルとか結構楽しみだな。



さて、今週の注目はなんといってもエリザベス女王杯
無敗でカワカミプリンセスが挑むことになる。大外枠からどんな競馬を見せるか。
わがまま娘だけに、最後にゲートインする大外枠は絶対に有利。

無敗の秋華賞馬・・・どうしても4年前のファインモーションと
重ね合わせてしまうのは俺だけではないはず!

反対に、秋華賞2着のアサヒライジングは最内に入った。
その他、アドマイヤキッス、フサイチパンドラなど3歳馬が半数の8頭。

今年の牝馬戦線のレベルはどうだったのか。
ここで答えが見えそう。

ディフェンディングチャンピオンのスイープトウショウは
昨年と同じ8枠から虎視眈々と末脚にかける。

なんとなく2001年のような壮絶な戦いを期待させる好メンバーとなった。
結論は日曜。
スポンサーサイト

2006-11-10 Fri 10:11
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
<<ソフトあれこれ | Blog de HAKOZAKI | 休講続き>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| Blog de HAKOZAKI |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。