Gran Premio de HAKOZAKI 日記コーナー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
エリザベス女王杯
日曜メインは第31回エリザベス女王杯。
昨日は重賞をどっちも外してしまったので今日こそは!!

差し馬にもそう不利に働かない状況まで馬場は回復してそう。
朝は稍重で始まったけど、5Rからは良馬場発表。

朝から見てたら逃げ馬は全滅してるしね。

11/12(日) 6回 京都 4日目
11R エリザベス女王杯(G1)
3歳上 ○国際 牝○指(定量) 芝2200m 16頭 発走:15:40

焦点は当然ながら古馬VS3歳馬の力関係。
ともに8頭ずつの出走となる。

宝塚記念の評価が難しい。
なんといっても今年は阪神競馬場の改修工事のため、
宝塚記念は京都競馬場の芝2200で行われた。
エリザベス女王杯と全く同じコース、距離。
例年よりは重視しないといけないだろう。

3歳馬の順位付けはどうだろう。
秋華賞を見てみると、

オークス勝ち馬(プリンセス)

アメリカンオークス2着馬(ライジング)

ローズS3着馬(パンドラ)

ローズS勝ち馬(キッス)

ローズS2着馬(シェル)

オークスでは
プリンセス

パンドラ

ライジング


アドマイヤキッスは秋華賞は馬体がかなり仕上がっていた。
あれから上積みが見込めるのか!?→NO。
もう3歳馬の順位付けは出来ているように思う。

◎カワカミプリンセス
鉄砲で快勝した秋華賞は叩き台だったのか。
ファインモーションほどの鮮やかさではないが、
スイープに衰えが見えてきたここなら間違いなく主役。

◯アサヒライジング
鞍上が大きな不安材料。
しかし相手なりに走る上に、仕掛けのタイミングによってはまんまと・・・というシーンも。
内が荒れているものの、経済コースで粘り込みたい。

▲サンレイジャスパー
古馬の中では勢い、コース実績ともにこの馬に最も重い印を打ちたい。
使い詰めできているが、新潟記念では天皇賞2着のスウィフトカレントに先着。
斤量がどう出るか。

△フサイチパンドラ
シェルズレイとアサヒライジングが競ってしまうと、この馬にチャンスが出てくる。
少なくともオークスの時点ではカワカミと同じくらい強い競馬をしていた。
距離延長はプラスと見る。

△スイープトウショウ
無印には出来ないが、ヘヴンリーロマンスが勝ってしまうような
紛れたペースだった昨年の天皇賞5着と、前を捕まえきれなかった今年の5着。
衰えはどうしても隠しきれず、調教も不安材料だらけ。

△ディアデラノビア
決め手に欠けるタイプで、4戦連続の3着。
2200までは守備範囲に思えるのでこの評価。

◎◯軸の3連複を▲△へ4点。
◎▲軸の3連複を△へ3点。

◎◯▲の馬連BOX。
▲サンレイ△スイープ△ディアデラのワイドBOX。
スポンサーサイト

2006-11-12 Sun 14:18
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
<<市長選挙 | Blog de HAKOZAKI | USBメモリ購入>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| Blog de HAKOZAKI |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。