Gran Premio de HAKOZAKI 日記コーナー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
ディープ失格
ディープインパクト、凱旋門賞失格
↑上記ソースはnetkeiba

やはり。というか、当然というか。
ディープインパクトの凱旋門賞失格処分が決定した。

陣営のミスだったのか、フランス側による策略なのか。
その真実は謎のままだが、後味の悪さはこの上ない。

この後はジャパンカップ(26日東京競馬場)に向かうディープインパクト。
昨年のグランプリで初の黒星を喫したハーツクライとの再戦となる。

アウェイでわざわざこの2頭と戦うのを嫌ってか、
あるいは日本よりも2週後の香港国際競走を選ぶ陣営が多いのか。

今年は外国馬の参戦は2頭のみ。11頭立てになる見込みのジャパンカップ。
外国馬の出走がないジャパンカップダート。
遠征費や賞金面で決して香港に引けを取らない。
いや、むしろはるかに好条件であるにもかかわらずこの状況。
寂しさを感じずにはいられない。

ディープの3着敗退に始まった10月。
そして失格騒ぎ。
メイショウサムソンは3冠を逃した。

11月はカワカミプリンセスの降着処分。
本田騎手の引退騒ぎ。
被害馬であるヤマニンシュクルの競争能力喪失。

悪いニュースが続きすぎて
デルタブルースとポップロックの快挙も霞んでしまう。

小頭数にはなってしまうが、
ディープVSハーツの目の覚めるようなマッチレースも見てみたいものだ。
スポンサーサイト

2006-11-16 Thu 17:28
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
<<フリードマン逝去 | Blog de HAKOZAKI | あえて初代Shuffle>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| Blog de HAKOZAKI |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。