Gran Premio de HAKOZAKI 日記コーナー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
愛車、逝く
昨日、、、辛い出来事があった。

18歳で免許を取ってから5年半。
共に過ごしてきた愛車が旅立ちました。

昨日、芦北で会社のビーチバレー大会。
朝は高速道路走行でも順調だった、いつも通りだった愛車。

異変が起きたのは帰り。
八代をすぎた頃。

シフトアップが遅い
・・・異変に気づいた。

いや、ここ数年、オートマミッションが不調を来していたのは
誰よりも俺が知ってる。
それでも、今回は違う。

このクラッチの滑り方はまずい
俺の不安と比例するかのように滑りはひどくなる。

それでも、なんとか帰り着こうと
必至にシフトアップを繰り返しながら走る車。

次第に転がりだしが鈍くなる。
この辺りで同乗していた女の子が気づくほどの不調に。

なんか、音がおかしくない?
言われなくて気づいてる。
足下から、愛車のきつさは伝わってる。

それでも小川までたどり着いた。
もうちょっと。

さっきまで4千回転でどうにかシフトアップしてたのに、
今はもう6千回転まで回ってしまう。

やっと宇土に。
ついにそのときが来たのか
心の整理がつかない。
もう、最後の力を振り絞っている車にかける言葉も見つからない。
覚悟する時が来ている。
・・・家までもたない。

それでも、宇土を通過。
もうちょっとで熊本市に入る。
我が家になんとかたどり着く。

シフトアップはもはや不可能に近く。
時速50キロを2速で走行する。
エンジンもうなりをあげる。

ここを曲がれば家に着く!!最後の交差点。
思った刹那、アクセルを踏んでも動き出さない愛車。

いつ止まってもおかしくない状態になって、
それでも我が家の近くまで最後の力を振り絞って走ってくれた。
すっと自分の役目が終わったのを感じたのか、
最後の交差点でその歩みは止まってしまった。。

ハザードを出して車から降りるしかなかった。
対向車の切れたタイミングで路側帯へ。
炎天下、同乗者、前の車のドライバーの協力で移動。

いつもお世話になってる整備工場に電話。
積載車で迎えにきてもらった。

・・・もう修理はしない
苦渋の決断を下すしかなかった。

製造から18年、老体とも言える愛車はあちこちに不調が。
ミッションの修理をするような状態ではない。

この瞬間、5年半の愛車との生活が終わった。
車内から全ての荷物を降ろし、積載車が走り去るのを見つめる。

それは辛い光景だった。
常に運転席に自分の姿があった。
でも、もう誰もそこに座ることはない。
スポンサーサイト

2007-08-19 Sun 23:51
別窓 | 雑談 | コメント:0 | トラックバック:0
<<新体制 | Blog de HAKOZAKI | 総踊り>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| Blog de HAKOZAKI |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。