Gran Premio de HAKOZAKI 日記コーナー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
宝塚記念
小倉競馬場での観戦から帰って参りました。
そんなにひどい雨でもなくてよかった。

それにしても、強い。
なんか強いって言葉が安っぽく聞こえるほどに。

スタート前にディープ、隣のカンパニーと話してたよね^^
カンパニー「俺が先に出ていい?」
ディープ「後ろからゆっくり付いていくけんよかよ」
このとき、あぁこの2頭で最後は突っ込んできてくれるんやな!
って期待したんだけどね

あとは、かかることもなく絶好の手応えで後方追走。
3コーナー手前から徐々にあげていく。
足色が他馬と全然違う。

武豊が鞭を抜くまでに3番手に。
鞭で檄を飛ばすと逃げ粘りをはかるバランスオブゲームをかわす。
そして、突き放す。
盤石のレース運び。

観衆もバランスオブゲームを捕らえるまでの応援ムードが、
「何この強さ!?」
と、思わずしーんとなる。

しかし、稍重から重になろうかという力のいる馬場。
全馬とも無事に入線してくれてよかった。
騎手も馬も泥まみれになりながら。

ゴールの後はなにか、いつもの外した人と当てた人の温度差って感じではなく、
すごくディープを祝福する温かい雰囲気。
もう馬券の的中うんぬんじゃなくて、みんながディープのファンなんだよね。
彼こそほんとのサムライにふさわしい。

2006 凱旋門賞(G1)
フランス・ロンシャン競馬場
10月1日

日本代表チーム

FW兼DF:ディープインパクト
司令塔:武豊(騎手)
監督:池江泰郎(調教師)
コーチ:市川明彦(厩務員)
キャップテン:金子真人(オーナー)


1999年凱旋門賞2着のエルコンドルパサー。
その忘れ物をディープが取りにいく。
スポンサーサイト

2006-06-25 Sun 16:40
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
<<反省会 | Blog de HAKOZAKI | 天使の誘惑>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| Blog de HAKOZAKI |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。