Gran Premio de HAKOZAKI 日記コーナー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
ごくぶか
お酒の話も多いから新しくカテゴリー作りました^^
同じ記事で色んな話しちゃうんで、
カテゴリー分類はあってないようなもんだけどね。

熊本に行くとなじみの酒屋で焼酎を買うことが多い。

060703_164735.jpg


これは宮崎の大手門酒造の麦焼酎『ごくぶかろんてん』
ラベルの「龍、」が見て取れると思う。
「龍。」というラベルの『ろんてん』は普通に流通してるんだけど、
この『ごくぶかろんてん』は王手門彰義會の全国52店舗限定販売。
福岡では4店舗、熊本では1店舗しか扱っていない。

さすがに玄麦だけによる常圧蒸留で麦焼酎の風味抜群。
逆に焼酎ビギナーにお勧めはできないかも。
味はまろみにあふれ極上、喉越しも軽やかだけどかすかに残る麦の香り。
非常に心地よい。
試してみたいかたは我が家へお越し下さい(笑)。

今回はこの店ではこの1本のみを手に入れた。

で、もう1本。
これは俺のテリトリーでは手に入らない。
知人経由で入手。

060703_164832.jpg


芋焼酎の『山ねこ』。
かの有名な麦焼酎『百年の孤独』を醸す黒木本店が
山の中に新しく作った尾鈴山蒸留所で造られてる。

普通は芋焼酎にはこがねせんがんって芋を使うんだけど、
この焼酎は「ジョイホワイト(九州108号)」という
新しい焼酎原料用の芋を使用している。

香りも芋臭さって感じでなく、「お芋の香り」って感じ。
↑わかりにくいな^^;
味わいとしてはほのかな甘さに深さを感じる。
氷を入れずにやや冷たい水で7:3くらいに割るのがおすすめ。
香りを楽しみながら味わうことができる。

使用する芋が違うだけに、やや異端児の感もあるけど、
俺のお気に入り焼酎5本の指に間違いなく入る。

携帯で画質落として撮ってるんで汚くて申し訳ない。

これで、現在の我が家の焼酎ストック。

芋                 
『山ねこ』尾鈴山蒸留所       
『銀滴ー復刻版ー』大手門酒造    
『白玉の露』白玉醸造
『海』大海酒造
『くじらのボトル』大海酒造
『富乃宝山』西酒造
『吉兆宝山』西酒造
『さつま無双』さつま無双株式会社

『ごくぶかろんてん』大手門酒造

『白岳』高橋酒造
『白岳しろ』高橋酒造

佐多宗二酒店が一本もなくなってしまった。。。
晴耕雨読買おうかな。

[ごくぶかろんてん]
総合:★★★
水割り、お湯割り

[山ねこ]
総合:★★★★☆
ロックで香りを満喫。



昨夜は12時に就寝。
1:50起床で2:00スタートのF1をみましたよ。。。
1周目で7台が絡むクラッシュ。
その後も続々とリタイアする車。
結局完走は22台中9台のサバイバルレース。
ジャック・ヴィルヌーブも得点圏内走行中に
BMWエンジンが悲鳴をあげリタイア。

それにしても琢磨はファイティングスピリッツはいいんだけど、
ちょっと無理し過ぎ感がある。
今回絡んでしまった相手はモンテイロ。
『琢磨はカミカゼのよう』
こんなコメントがモンテイロから出ている。
相手がモンテイロというドライバーを考えると、
あそこで突っ込むのはリスクが大きすぎた。

去年もこのアメリカGPはミシュラン勢のボイコットがあったし、
激しいオーバーテークのシーンも見られず観客の人たちは不完全燃焼かもね。
スポンサーサイト

2006-07-03 Mon 17:40
別窓 | お酒 | コメント:0 | トラックバック:0
<<あっしー | Blog de HAKOZAKI | 車検>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| Blog de HAKOZAKI |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。