Gran Premio de HAKOZAKI 日記コーナー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
トルコGP決勝
昨日行なわれたトルコGP決勝。

予選を見る限りはマッサ軽いのか??
ミハエルが7~8周分くらい重いかなと推測しつつ決勝スタート。
早々とライコネン、琢磨はリタイア。
(琢磨はデータ取りの為に修理後再度コースへ)

なんと言ってもハイライトは13周目。
リウッツィのスピンによってセーフティカー導入。
当然2ストップ組はここに合わせ込んで続々とピットイン。

トップ快走中だったマッサとミハエルのフェラーリが
2台立て続けにピットレーンへ!
マッサの作業中、後方でミハエルは待つことに。
あれで大きなタイムロス、アロンソに逆転を許してしまう。
さすがに90秒サーキットでSC中に1周のステイアウトも命取りだろうし、
同時ピットしか選択肢はなかった。
ならば、結果的にはピットインまでに順位を入れ替えておけば、
ミハエル1位アロンソ2位マッサ3位になったかなと。。
露骨なチームオーダーはやっぱり避けたかったかな?
まぁ一応禁止って言われてるわけだしね。やりづらいか。

ミハエルが後ろで入ったとなれば、ああやってアロンソより
多く積むことで2回目のピットインで逆転を狙うしかない。
ちょっとアロンソとのスピード差を考え楽観視したかな。
そんな作戦が面白いほど嵌っちゃうのがフェラーリ全盛期だったんだけど。

もうこのSC以降は予定より早い最初の給油で重いせいもあり
ミハエルが思ったほどペース上がらず。
結果的に2度目のピットインでも逆転はならない。

そして最後まで続く新旧王者の直接対決。2位争い。
イモラやハンガロリンクと違って、トルコは抜き所がある。
ヘルマン・ティルケの自信作といえるコースだけあって
レイアウトは起伏、高中低速コーナーの組み合わせが面白い。
まだまだ逆転のチャンス。
しかし、ミスをするのはミハエルの方だった。
磐石のアロンソの走り。
勝負あった。

1位 フェリペ・マッサ(Fer)
2位 フェルナンド・アロンソ(Ren)
3位 ミハエル・シューマッハ(Fer)

マッサは最後の方はラップ当たり3秒も落としたクルージングで
ミハエルが来るのを待ってたんだけどね。
とうとう最後までミハエルがアロンソを抜けず。
そのためフェラーリ陣営も心からは喜べない感じのマッサ初勝利。

フェラーリってチームにいる以上、
無常のチームオーダーは避けられない。
前フェラーリのセカンド、バリチェロが
初優勝目前でチームオーダーを告げられ、
最終コーナーで露骨にポジションを譲ったシーンを思い出した。
2000年のモントリオール、カナダGPだったかな。

しかしながらミハエルがアロンソを抜かない事には
発動のしようもない。
マッサは心の中では「アロンソそのまま!!」って思ってたりして(笑)。
ポールトゥウィン、堂々の勝利だった。
マッサ初優勝おめでとう!

これでチャンピオン争いは混迷の製造者部門と、
アロンソ絶対有利になってきたドライバー部門。

コンストラクターズ
1位ルノー160
2位フェラーリ158
ドライバーズ
1位アロンソ108
2位Mシューマッハ96

残り4戦。
今週はモンツァ合同テスト。
そして9月10日決勝のイタリアGP。
マスダンパー禁止の影響が最もタイムに現れるのは
ここモンツァと思う。

ティフォシの見守る中、フェラーリは1-2が絶対!絶対!!の条件。



なんか聞くところによると昨日の地上波、素晴らしかったらしい。
日本GPだけと思ってたら、
エビちゃんともえちゃんが早速スタジオ登場!
それ以外にも名前も知らないモデル2人がトルコ現地レポート。

日本GPが怖い。。。
何か、歴史に残る中継になりそう。
もちろんの意味で!!
2006-08-28 Mon 18:01
別窓 | F1 | コメント:0 | トラックバック:0
エビちゃんもえちゃん参戦
3週間のテスト禁止期間(夏休み)を経て
今日からF1トルコGPが開幕する。

前戦はホンダのバトン初優勝に幕を閉じたが、
残り5戦は再びアロンソVSシューマッハの流れになってくるはず。
10ポイントリードのアロンソ優位は変わらないが、
マス・ダンパーの禁止はルノーの戦力に今後どう響いてくるのか。
モンツァを筆頭に高速サーキットも多い。
注目していきたい。

そんな中、10月8日決勝の日本GP。
もしかしたら鈴鹿では最後の開催になるかもしれない日本グランプリの
話題もじわじわと出始めた。

エビちゃん&もえちゃん、F1日本GP参戦!
↑上記ソースはNifty F1

今度はモデルの蛯原友里さん押切もえさんですか。
だいぶ地上波中継の全貌が明らかになってきた。
また、実況は塩原恒夫アナが担当と思われる。
塩原さんの実況自体はそんなに嫌いじゃない。
しかしスタート前、レース中など
解説じゃなく無駄にゲストやキャスターに話をふるのがどうにも。。。

フォーメーションラップ中

塩原アナ「さぁスタートが迫ってきましたが、
優ちゃん、永井君、誰に注目しますか?」
永井大「そうですね、僕は琢磨選手のロケットスタートに。」
山田優「私はもちろんバトン選手です!」
塩原アナ「さぁそして特別リポーターのお二人は?」
押切もえ「あたしはフライングフィン、ライコネン選手です!」
蛯原友里「えーあたしもライコネン。もえちゃんずる~い!」

こんな光景が目に浮かぶ^^;
解説は近藤真彦さん片山右京さん森脇基恭さん。
こんだけゲストいたら解説3人いてもあんまり話す暇ないんじゃないか??

森脇さんも地上波・・・CSの方に来て欲しい。
ってことはCSは川井さん、今宮さん+小倉さんかな?
あと、実況は伊藤利尋アナでお願いしたい。

むしろ長坂哲夫アナとか、三宅正治アナを久々にってのも嬉しいかも。
ほんと実況してくれないかな~ちょうどその週は競馬G1ないし。

こんだけ地上波がゲスト祭りするんなら、
CSは堂本光一さんだけ呼んでみては??
最近の地上波ゲスト、彼の時だけは別格だった。
数年前、確かモンツァだったかな~。

地上波の行く末が見えない。
CS派としては対岸の火事だけど、すごく間違ってると思う。
バラエティじゃなくてスポーツ中継なんだから。
2006-08-25 Fri 14:45
別窓 | F1 | コメント:2 | トラックバック:0
ビルヌーブ離脱
昨日HONDAが第3期初優勝を果たした。
思えば、第3期のスタートは2000年。
前年無得点のBARと組んでの船出だった。
開幕戦はオーストラリア。アルバートパークサーキット。
そのステアリングはジャック・ヴィルヌーブとリカルド・ゾンタが握っていた。
ジャックは熱い走りで4位入賞。ゾンタも7位ゴールもで6位に繰上げ入賞。
ホンダの第3期をダブル入賞でスタートさせた。
毎レース素晴らしいロケットスタートで、
グリッドに関わらず上位に顔を出した。

ゾンタに代え、オリビエ・パニスをチームメートに迎えた2001年。
ついに第5戦スペインGPで3位表彰台獲得。
ジャックのシャンパンファイトを久々に見ることができた。
この年第12戦ドイツGPでも3位表彰台に上がっている。

そして、ジェンソン・バトンをチームメートに迎えた2003年。
第17戦日本GP前、突然のリリース。
「日本GPには出走しない。代役は第3ドライバーの佐藤琢磨。」
こうして、1999年のBARチーム立ち上げ(ホンダエンジン搭載は2000年から)から
参加しつづけたチームをジャックは去った。

その後、ルノー、ザウバー、BMWザウバーに在籍した。
そんなジャックのBMWザウバー離脱が先ほど正式発表された。
シーズン途中の離脱、2003年の悪夢は繰り返された。

ハンガリーGP欠場の決定から嫌な予感はしていた。
マリオ・タイセン代表のコメント-F1-LIVE.COMより引用-
「ジャックは今シーズンの第2戦マレーシアGPでチームに初ポイントをもたらし、われわれのために素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。BMWザウバーの新チーム立ち上げに尽力してくれ、マシンの開発にも大きく貢献してくれた。しかし、ホッケンハイムでのクラッシュを受けて、チームはロバート・クビカのレースコンディションでの評価を含む、来季のオプションについて検討していくことを決めた。今回の決断は来季のドライバーラインアップを検討するために下されたもので、今季、あと数レースを残していたジャックのポジションに影響が及んだ。このように不安定な状況下では、彼の本来の責務を全うするのは難しいという結論に達した。チームは彼の意志を尊重するとともに、明るい未来を願っている」

今年はストーブリーグも大シャッフルの様相を呈しているが、
大方のシートは決まりつつある。
レッドブル移籍説もあったがウェバーの加入が濃厚な状況。
スーパーアグリやミッドランドに空きシートを求めるだろうか?
モントーヤに続いてNASCAR転向が現実味を帯びてきた。

1997年ウィリアムズでチャンピオンに輝いたジャック・ヴィルヌーブは
静かにそのF1キャリアを終えた。
悲しいがそう理解すべきなのかもしれない。
2006-08-07 Mon 23:46
別窓 | F1 | コメント:0 | トラックバック:0
HONDA優勝
HONDA第3期初勝利

バトン初優勝
↑上記ソースはnifty F1

8月6日決勝が行われたF1第13戦ハンガリーグランプリ。
雨天の中スタートしたレースで、ホンダのバトンが初勝利を遂げた。

エンジン交換による10グリッド降格で14番グリッドから
スタートしたバトンは、驚異的な追い上げを見せる。
路面状況が変化する中、各ドライバーに続々とトラブル。
ポールスタートのライコネンも接触でリタイア。
チャンピオン争いをするアロンソは
メカニカルトラブル(ピットクルーのミス?)によるリタイア。
2位走行のミハエルに対してバトンがセーフティリードを築いた後、
ミハエルは残り3周でトラブルによるリタイアを喫す。

2位マクラーレン・チームのデ・ラ・ロサ
3位BMWザウバーのハイドフェルド
4位もバトンの僚友HONDAのバリチェッロ
5位レッドブルのクルサード
以下はトヨタのラルフ、BMWザウバーF1クビサ重量違反で失格。
マッサ、ミハエルのフェラーリ勢が続いた。

F1の表彰台に君が代が流れた。



CSの解説である今宮純さん、川井一仁さんも涙声。
特に感想を求められた今宮さんが声を詰まらせたシーン、印象的だった。

ホンダは前戦で300戦を迎えたが失意のレースに終わった。
それを取り戻すかのような301戦目の優勝。
福井社長の応援に見事こたえた。

黄金期を知るものにとって、
第3期の参戦開始2000年からの6年間は本当に長かった。
その間には、ジャック・ヴィルヌーブ、オリビエ・パニスなど
幾名かの名ドライバーがチームに在籍したが優勝はならず。

そして、バトン、バリチェロ体制で望んだ今期、
テストで好タイムを連発していた勢いはシーズン中にはなく。
今期の優勝も諦めた矢先の第3期初優勝となった。

個人的には今回、
2000年ドイツグランプリを思い出すようなパニックレース。
奇しくもそのドイツグランプリは
バトンの僚友、現HONDAのバリチェロが
フェラーリ移籍1年目で初優勝を飾ったレース。
124戦目での初勝利だった。
そして今回のバトン、113戦目での初勝利。

ただ、「HONDA」というスピリットは
この1勝に満足するようなものではないはず。
貪欲にチャンピオンを追いかけていって欲しい。

次戦は8月27日決勝のトルコGP。
今夜は祝杯!!乾杯!!
2006-08-07 Mon 00:40
別窓 | F1 | コメント:2 | トラックバック:0
ドイツGP決勝
F1は3週間の夏休みに入る前のダブルヘッダー
今週はドイツGP、来週ハンガリーGPと2連戦

そのドイツGP昨日決勝が行われた。
シューマッハ兄弟、ロズベルグ、BMW、メルセデスなど
とにかくホームGPのチーム、ドライバーが多い!!

結果的にはフェラーリの圧勝レース。
これでM・シューマッハが3連勝。
トップのアロンソとのポイント差は11に。自力V復活。
ミハエルファンってわけじゃないんだけど、
アロンソは下品で好きじゃないんで、今年は皇帝復活を祈ってる。

ジャック・ヴィルヌーブはオープニングラップで
僚友ハイドフェルドと接触。
その後、2台で最下位付近を走行続けるもハイドフェルド9周リタイア。
ジャックは30周目に最終コーナーでクラッシュ。
この一連の流れを見てると、
来年はこのチームに残れないかもって話も現実的になってきたかなって思う。
モントーヤが去り、ヴィルヌーブが去ったら
F1にファイターいなくなるじゃん。
今年はスパ・フランコルシャンも開催ないしね。。。
ジャックが全開で駆け上がるオールージュのドライビング、、もう一度見たい。

新車SA06投入で注目されたスーパーアグリチームは山本左近が1周リタイア。
佐藤琢磨もギアボックストラブルで40周目にリタイア。
レーシングスピードはやっぱりミッドランドにもついて行けてないもんね。
確かに、SA05よりは毎ラップ2秒ほど早くなった感じはする。
3年くらいの長期ビジョンで見守らないとね。

それにしても、あのフィジケラにペース落とさせた
チームオーダーって結構露骨じゃなかった?
グレーゾーンだよね。。。
数年前のフェラーリほど酷くはないけど、、、

そんなレースでしたが、ブリヂストンタイヤ、
ミシュランが参戦している間に100勝達成!!良かった。
来年からはワンメークだからね。

さぁ来週はハンガリーGP。
ここはレース中になかなか抜けないので予選順位注目です!!
来週はCS観戦できる~♪
CSフジテレビ721
予選8/5(土)20:50~22:30
決勝8/6(日)20:50~23:20

フジテレビ地上波
決勝8/6(日)23:50~25:40



mixiネカマだらけ
↑ソースはj-castニュース

何度か、ここのブログでもmixiについて取り上げたと思う。
なんか、思った通りに世論が展開されるんで面白いんだけど(w。
俺も「パソコン通信」時代から、ネット歴10年ほどになるけど、
インターネットが普及すればするほど危険性に無頓着なユーザも増えてきた。
これだけ脆弱なサイトがネット人口の1割に広がる・・・由々しき事態だと思う。

ネカマも当然発生するでしょう。
個人情報収集屋さんも当然いるでしょう。
性犯罪、援助交際の温床にもなるでしょう。

隣人の顔さえ知らないようなこの時代に、
ネット上で個人情報を晒す人々には”危険”を顧みる感覚はないのだろうか?
2006-07-31 Mon 17:50
別窓 | F1 | コメント:0 | トラックバック:0
フランスGP
F1フランスGP決勝
以下、主なドライバーの結果。

優勝 ミハエル・シューマッハ フェラーリ
2位 フェルナンド・アロンソ ルノー
3位 フェリペ・マッサ ルノー
4位 ラルフ・シューマッハ トヨタ
5位 キミ・ライコネン マクラーレン
------------
11位 ジャック・ヴィルヌーブ ザウバーBMW
16位 フランク・モンタニー スーパーアグリ
リタイア 佐藤琢磨 スーパーアグリ

抜粋さえしてないけど、ホンダも2台ともリタイア。
今年もホンダはもうダメかもわからんね。
「今年何勝かします」つってたのに最近は入賞、
はたまた完走さえままならない。

ヴィルヌーブはセクター3タイムは3位。
コントロールラインの通過スピードはトップ。
予選で、もっとうまくやってたら・・・
今回は戦闘力は非常にあったということだもんね。
最近あんまりいい成績は残せてないけど、ハンガリーとか
結構いけるんじゃないかと思ってます。

次は7月30日決勝ドイツGP。
シューマッハ兄弟のホームグランプリです。

次からモンタニーに変わって山本左近が
スーパーアグリのセカンドドライバーに。
また、新車SA06がデビューします。
あんまり期待できない。でも注目です!!

それにしても山本左近も日本人ドライバーの
必須条件「ありふれた名字+珍しい名前」の条件満たしてるよね。

中嶋 悟
鈴木 亜久里
片山 右京
井上 隆千穂
中野 信治
高木 虎之介
佐藤 琢磨
などなど。

活躍を期待したい。



さて、明日からいよいよ試験。
とりあえず明日の分はもう目処がついた感じ。
木曜と来週月曜がネックなんだよね。。

明日から雨が続くようで気も滅入るけど。。。頑張ろうo(^o^)o!!
梅雨末期の雨ってけっこう激しいしね

末筆ではありますが、昨日俺の予想に乗って損をされた方には
謹んでお詫び申し上げますm(*- -*)m
2006-07-17 Mon 18:42
別窓 | F1 | コメント:0 | トラックバック:0
涙の実況中継
ワールドカップ1次リーグも終盤を迎え、日本ーブラジル戦が迫って来た。
ほとんど地球の裏側。遠い国。

しかし、我々には共通の偉大なヒーローがいる。
「あ、わかった。ジーコでしょ?」
俺がそういう発言をすると思ってるなら、少々残念である。

彼の名はアイルトン・セナ
音速の貴公子。
ホンダのマシンを愛し、日本でもカリスマ的な存在だった
ブラジル人ドライバーである。

1994年5月1日。
サンマリノGPで彼はこの世を去った。
今年の彼の命日にセナの記事を書いたことを
覚えてくれてる人もいるかな。
5月1日の日記

セナがなくなった日のF1中継の動画が存在する。
しかし、果たして、ここで紹介するにふさわしいか?迷いがあった。
そのため、命日の日記では触れなかった。

でも今回は決断した。
日本とブラジルを繋ぐ彼の存在。
日本でもどんなに大きな存在だったか知っていてもらいたい。
幸いここにはF1関係での友人、知人も多く訪れてくれる。
youtubeに置いてある、その日の動画を紹介したいと思う。

http://www.youtube.com/watch?v=x4G6CFWavpA

少々、画像は荒いが仕方ない。

セナがなくなった日の、フジテレビF1中継。
実況は現在すぽるとを担当されている三宅アナ。
解説は現在、フジのCS721chでF1中継の解説をつとめておられる
F1ジャーナリストの今宮純さんとピットリポーター川井一仁さん。
それぞれの思いがこもった見事な実況だった。

我々には共通の偉大なヒーローがいる。
このことに思いを馳せながら、サッカーの試合も見てみたいと思う。

2006-06-22 Thu 22:22
別窓 | F1 | コメント:2 | トラックバック:0
BACK | Blog de HAKOZAKI | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。